入れ歯を治したい!どうすれば?

入れ歯(義歯)とは、歯を失ってしまった場合に、歯の無いところを補う取り外しタイプの装置のことです。
入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)とがあります。また、使用する材料質により、金属入れ歯とプラスチックの入れ歯とがあります。
入れ歯の治療では、保険の治療であればプラスチックの入れ歯しか選択できません。保険の治療では、半年間は作り直すことが出来ないルールがあります。
プラスチックの入れ歯は、自費の金属の入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。特に、強度が十分に強くないので、かんだ際にたわんでしまい、歯ぐきを傷つけたり、長期間の使用により歯ぐきの骨がやせたりします。そのために、金具やプラスチックが擦り減ったり、折れたりしやすくなり、定期的な点検や入れ歯の調整、場合によっては、修理や作り直しが必要になります。

自費による治療の入れ歯では、様々な材料(金属、強化プラスチック)が使用できます。特に、チタン合金は、軽くて丈夫で体に優しいもの(アレルギーの少ないもの)です。
治療の際には患者様の状態にあわせ適切なものを、ご提案させて頂いております。

ご予算やお口の中の状態により数種類を選択できますので、お気軽にスタッフ、院長までご相談ください。
詳しくは、当歯科医院で診断の上ご相談させて頂きます。