大人の歯並びをキレイにしたい

大人の歯列矯正の目的のひとつとして、審美的な面での改善ということがあります。つまり、出っ歯や、受け口、八重歯など、外見を気にして治療を始められる方が多いということです。
「いつもいつも口元を気にして生きてきた自分を変えられる」「自分のお金で治療できる」ということも、やる気を出すことにつながります。
これまでの自分と決別し、口元を気にすることなく笑える、前向きな自分に変わりたいという方には、歯列矯正治療は大変お勧めできます。

また、大人の歯列矯正治療というのは、外見の変化が大きな目的のようですが、実際には、もっと重要なことがあります。それが「かみ合わせの改善」です。
良いかみ合わせを「正常咬合(せいじょうこうごう)」、悪いかみ合わせを「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があるといわれています。また歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きができるようになり、むし歯や歯周病の予防が容易になります。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。