子どもの歯並びをキレイにしたいのですが?

歯並びの乱れ(不正咬合)が起きる原因は、遺伝など先天的なも、習慣など後天的なものがあります。
指しゃぶりや舌癖、咬み癖などがあると、顎の発達や咬み合わせに悪影響を及ぼしてしまう事がありますので、まずはお子さんのお口に関心を持つ事が重要です。普段の食事や姿勢などの日常生活から不正咬合の原因を防ぐことが、キレイな歯並びへの近道だといえます。
なお、お子さんの矯正治療に適した時期は、歯並びや咬み合わせの状態や癖などによって異なります。毎晩の仕上げみがきなどでお子さんのお口を観察し、少しでも心配に思われたらできるだけ早めにご相談ください。

生え替わり時期のお子さんの成長に合わせた早期治療をおすすめしております。生え替わり時期に矯正治療を開始するメリットは、成長をコントロールしながら歯並びや咬み合わせを正しく整えることができること。早期矯正治療で上下の顎のバランスを整えて顎のスペースを広げることで、大切な歯を抜かずに歯並びを整えられる可能性が高まります。

乳歯がすべて永久歯に生え替わると、歯並び全体をキレイに仕上げるための本格的な矯正治療が可能となります。ただし、歯の重なりや出っ歯、受け口など不正咬合の症例によっては、永久歯を抜歯しなければならないケースもあります。10代なら体も顎もまだ成長期にあるため、いくつかの治療法からお子さんに合ったものを選ぶこともできますし、早期に治療を行うことで永久歯を抜かずに矯正治療が可能な場合もあります。少しでも歯並びが気になったら、なるべくお早めにご相談ください。