受け口(反対咬合)かなと思ったら

4歳以降なるべく早い時期に受け口の修正を行うのがいいでしょう。

受け口(反対咬合)を放置していると、下顎が大きくなり、上顎の成長が抑制され

外科手術を併用した矯正治療が必要な場合があります。